ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは自治体に寄付をすることで寄付した地域の特産品を返礼品としてもらえる制度のこと。寄付したお金は非課税なので確定申告をすればお金が返ってきます(還付金)。なので、サラリーマンにもとってもおトクな制度になっています。

しかも、年々返礼品が魅力的になってるからたまらない。黒毛和牛の好き焼肉・高級メロンの詰合せなどなど普段買わないモノ・手が出ないものがお得に手に入るようになりました。

一方の地方自治体も少子高齢化に伴う過疎化で税収が増えない中で、チャンスができました。実際に特産品を多く持つ地域はこのふるさと納税制度で大いに潤っています\(-o-)/

申し遅れました。

管理人一応現役のFPでもありますので、少しばかり語らせていただきやす・・・

ふるさと納税制度の仕組み

・まず市区町村に受付窓口があるので、寄付します(これは各自治体のホームページで詳細を確認できます。ところによっては専用の窓口を設置しているところもあるので要チェックです。主に特産品を比較するのに管理人は使っています!)

・寄付(ふるさと納税)をしたら今度は自治体からお礼が届きます。この時に寄付証明書も届きます。なお、特産品によっては、まだ収穫時期が到達しないものもあるので、必ず配達してくれる時期を確認しておかなければいけませんよ。また、寄付証明書は還付金を請求するための確定申告書に使うので絶対に保管しておいてくださいね。

ふるさと納税の手順

まずはじめに納税金額を決めます。これは納税額が得なパターンになるのは年収・家族構成で異なりますので少しでもお得になるように計算しましょう。また、年収が確定するのは12月31日なので、少し少なめに寄付しておくのもおすすめ。

次に寄付先を決めます。ほとんどの自治体は寄付してくれるとお礼を返してくれます。この返礼品がふるさと納税の魅力です。お米・野菜・魚介・フルーツ・工芸品などなど。金額的には寄付金の30%から50%が多いです。どこも魅力的なので大いに迷ってください(^^♪

ポータルサイトもあります

楽天のふるさと納税一覧(楽天ポイント貯まります♪)⇒ふるさと納税

 

寄付を申し込みます ふるさと納税の特色として色んな支払い方法があって便利だということが挙げられます。また、せっかく寄付するんだから、こんなことに使って欲しいと言うような意思を表示できる「使いみち」を指定できる自治体もあります。申し込みはネットが便利なのですが、中には

「確定申告?」そんなものしたくない!

って言う方は「申請特例(ワンストップ特例制度)」を申し込みましょう。(ネットでの申し込み欄にも申請の要望書:寄付金税額控除に係る「申告特例申請書」を要望するとういう欄があるので、そこにチェック入れます!

寄付金の払込 寄付金の払込方法は自治体によりますが、銀行振込にすると手数料はこっち持ちになることが多いです。納付書を郵送してもらって銀行振込にすると無料になるところもありますが、金融機関が指定されているところも少なくありません。特に近くにその金融機関がないこともあるので、管理人的にはクレジットカードがおすすめ!

クレジットカードで決済すると手数料無料の上、楽天カードではさらにポイントまで付きます。しかも年会費無料ですし、楽天市場で簡単にふるさと納税できて、手数料無料にするなら楽天カード一択です⇒楽天カード

返礼品と寄付証明書 お金を払うと返礼品と寄付証明書が送られてきます。返礼品は収穫の日によってまちまちなので、寄付証明書と一緒に送られてくることもあれば、別に送られてくることもあります。ですが、大事なことは寄付証明書はなくさないこと。なくすと確定申告でふるさと納税の控除が受けられなくなりますよ。しかも、寄付証明書の再発行はできないので要注意です。

確定申告で納税控除を申請します ワンストップ特例制度を活用しない場合は確定申告で申請します。当年の1月から12月までの寄付金を次の年の2月から3月にまとめて申請します。

 

 

 

 

 

 



 

ページトップへ